Releasing Now(即今只今)

2020 / 09 / 14  19:39

白花フジバカマ 〜black label〜

白花フジバカマ 〜black label〜

black labelから白花フジバカマを出荷しています9月12日ぐらいから気温も夜温も下がり、発色がよくなってきました。
作付け量は3年前に増殖しましたが、前からの圃場のネズミの食害がひどく、今年一部改植しました。
改植した分は数年収穫できませんので、前年比3割減の収穫を見込んでいます。

令和の元号の語源となった万葉集にも藤袴は登場するようです。
(この白花フジバカマは交配種ではありますが。)

大田花きの花の生活研究所の惚れ惚れしいボンジュール内藤氏の記事から
「時、初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す」
の蘭は藤袴のことを指すと。https://www.otalab.co.jp/blogs/26285

日本の秋の便りをお楽しみください。
藤袴の生命力を感じてくださると本意であります。


バックはLPです。セルジオ・メンデス&ブラジル66のEquinoxです。ジャケットにデザインされてるオレンジの丸が日の丸っぽく、ソークール。ソーオシャレ。


クリザール前処理済です。
使い方は自由です。
よろしくお願いします。


IMG_3337.jpeg

 

IMG_3339.jpeg

IMG_3368.jpeg

 

IMG_3369.jpeg

 

 

2020 / 09 / 10  19:29

ヒマ カルメンシータピンク ~black,red,yellow label~ 2020

ヒマ カルメンシータピンク ~black,red,yellow label~ 2020
お世話になっております。
Bouffier寺嶋です。
Bouffier black label  red label  yellow labelの3labelからヒマの カルメンシータピンクを出しています。
ヒマの種子には毒があります。
触ったり、見る分には安全で一切関係ございません。食べなけれ安全です。触ってもかぶれることはないです。
しかし、数年前にその種子の毒を抽出して濃縮させての殺人未遂事件が起きました。
(抽出濃縮させるという手間を犯人は掛けたのです。その方法は私にはわかりません。)
コンプライアンスだかなんだかで、ヒマをつくる共選さんが生産をストップしました。
しかし、ヒマ カルメンシータピンクのこのエロ可愛さを観ることなく消えることはまったくもって納得いきませんでした。
悪いのはあくまでも、その未遂事件を起こした人であって、ヒマ カルメンシータピンクに一切責任はないと思いました。
ヒマ カルメンシータピンクを愛でる心の自由を奪ってなるものかと、旧香川Bouffierのミニーさんと作付を決めました。
たくさん作付けしました。そして8月頭から出荷してます。
バックはジェーン・バーキンとゲンズブールのベストアルバムのLPジャケットです。
収められている、「Je t'aime moi non plus」は官能過ぎて卑猥すぎて、発売禁止になったりもしたようですが、今では、名曲です。とてもいい曲だと思って聴いています。
美の表現においてくだらない自主規制は排除して、自由を謳歌するためにも、このヒマ カルメンシータピンクは安くてもいいから作付けすると思い、作付けしました。
「何人もこのヒマ カルメンシータピンクのエロ可愛さを邪魔するこはできない。」というカッコつけた思いです。
使い方は自由です。
どうぞ、お楽しみください。よろしくお願いします。
波はあるものの、10月末までは出荷できるのではないかと思っています。計算が外れる際は申し訳ございません。今は、当分出せる予定です。
他、ランバダブラック(赤黒系)ザンジバル(緑系)も少量作付けしています。
ヒマ カルメンシータピンク ~black,red,yellow label~ 2020
IMG_3333.jpeg
IMG_3334.jpeg
IMG_3336.jpeg
IMG_3198.jpeg
IMG_3199.jpeg
IMG_3200.jpeg

 

2020 / 09 / 08  20:07

お知らせ。

お知らせです。
香川のBouffier(ブフィエ)のミニー農場は8月末で、場長が退くことに伴い、(誠に急ではありますこと申し訳なく思います。
Bouffier(ブフィエ)との商標権含む契約を更新しない方向となりました。
前場長が退いたあと、新たな場長にて、graine(グレーヌ)として独自で生産活動を行う運びとなりました。


振り返れば、麦から始まり、竹を出してみたり、ルピナスが焼けたり 草系があまり認められていないときにも「草でしょ?」と言われながらも花ヒエ チョコラータをずっと出していました。
約13年間という年月、大変お世話になりました。誠に感謝申し上げます。皆様のお陰であります。
graine(グレーヌ)もこれから独自の活動をいたしますので、お引き立てください。

リレー出荷の理想が志半ばではありましたが、
山形のBouffierのblacklabel等は今まで通り、なお一層上を目指します。



ありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。

2020 / 07 / 04  20:34

アワ イタリアンミレット ~minny label~

アワ イタリアンミレット ~minny label~

ミニー農場から アワのイタリアンミレットを7月出荷しています。
雑穀シリーズの仲間になるでしょうか。

アワの紅孔雀の種子が入手困難という情報のもとにイタリアンミレットの種子を入手栽培しました。
前出キビのサマーグリーンミレットと同じ流れです。
(後に紅孔雀の種子はゲットできました。)


7月4日現在でちょっと出荷がもう少しで途切れますが、また出荷開始予定しています。
試作の意味もありました。

よって作つけ量はそんなに潤沢ではありません。


独特のラインで空間の幅を拡げたりとお楽しみください。
クリザール処理です。

よろしくお願い申し上げます。

バックはLPです。

 

IMG_2794.jpeg

2020 / 06 / 25  18:55

キビ サマーグリーンミレット ~minny label~

キビ サマーグリーンミレット ~minny label~

ミニー農場から キビのサマーグリーンミレットを出荷しています。
Bouffierの雑穀シリーズが増えました。
もともと導入する予定はありませんでしたが、昨年アワの紅孔雀の種子が今季分の入手が危ういという情報をもとに代わりとなりえるイネ科アイテムを探していました。
そして、このサマーグリーンミレットとイタリアンミレット(追ってお知らせさせてください。)を導入してみました。
(後にアワ紅孔雀の種子はギリギリ入手できて作つけ出荷できています。)

サマーグリーンミレットは玉すだれの面影があります。

極力グリーンのところで収穫出荷しております。

クリザール前処理済です。

爽やかな夏の緑色と
イネ科雑穀の生命力溢れる美しさを。
いかがでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

 


IMG_2731.jpeg

 

IMG_2732.jpeg

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...