Releasing Now(即今只今)

2018 / 11 / 25  19:48

ハボタン ブラックリーフ艶 ~blacklabel~

連投恐れ入ります。
ブラックレーベルからハボタン ブラックリーフ艶を出荷開始しました。
品目名がハボタンですが、全然正月向けではないと思っています。
今年は種子をゲットできました。

今年はマイナーチェンジな作付けを行いました。
昨年までの株間では競争が出てしまい、生育しないまま及び、光と寒さが当たらず黒くならない株が多く発生しました。
試験的に今年は株間を倍にしてみました。
そしたら、その新しい株間のは黒くなってますが、とてもボリューミーになっています。尚、のびのび育っておるので高さもそんなに出ていない気がします。

本日2018年11月25日に出荷したのは昨年と同じ株間です。
画像添付します。

ハボタン=正月というイメージを壊したい。
ハボタン=正月という既成概念をぶち壊したい。という思いで、今から出します。

ハボタンの使い方は自由だと思います。
お花の世界は自由な世界だと思います。
ですが、ハボタン=正月という固定観念に縛られて、自由な使い方を自分たちで放棄してる気がしてしょうがないのです。
とりあえず、自分たち出荷側ができることは正月需要以外でも出荷することです。
それが高値がついたら自ずと出荷数は増えます。
正月需要の短期勝負だとどうしてもギャンブル要素が強くなります。
労働も集中して疲労困憊も回避できるでしょう。
コンスタントな出荷ができたら卸売会社、仲卸会社様もパンクすることはないでしょう。ギャンブル的な仕入れもなくなるでしょう。
小売店様もギャンブル的要素が強い仕入れをしなくても良くなるでしょう。
エンドユーザー様も正月以外でハボタン楽しみたいという機会を奪われることはなくなるでしょう。
正月以外でもハボタンのかわいさを楽しんで欲しい。
かわいいものはいつだって可愛い。
販期が長くなれば、出荷本数も増えて作付け数量も増えて種子の販売数量も上がるでしょう。


艶表記ですが、ブルーム(アブラナ科特有の白いやつ)を除去しています。
クリザール様のアイテムを使用しています。
本来植物を守る役目のブルームを除去しましたので、早く枯れてしまうのではないかと心配しており、始めたとき当方で実験したら変わりはなかったでした。尚のことクールなデータとして、クリザール様の実験で、枯れ果てるのはほぼ同じという実験データをいただきました。

長くなりました。
ブラックレーベルでの作付け数量は株間を広げた分、そんなに多くはないです。
ホワイトレーベルでも少量作付けしています。
これまたリレー出荷をもくろんでいます。


画像添付します。(ハボタンの画像撮りは難しいです。光で表情を大幅に変えます。)
クリザール前処理済です。
生意気っぽい感じの文章と思われること申し訳ないと思います。
よろしくお願いします。
IMG_9280.jpeg

 

IMG_9283.jpeg

2018 / 11 / 25  18:32

ケール ジューシーパープル ステム ~black label~

ブラックレーベルから今季初作付けのケール ジューシーパープルのステム(一本切り)を出荷しています。
以前はリーフ表記の一枚葉で出していました。
量はそんなにありません。12月頭で出し切る予定です。
ミニー農場でも作付けしていまして、フェードアウトフェードインを行い、念願のリレー出荷を完遂させたいです。
ドレッシーアフロなどと違い、葉は縮れません。丸い感じです。よってボリューミーではないと感じるでしょう。
逆を言えば草姿はスレンダーです。ブーケに使える感じです。
ポイントは色と葉脈です。
アブラナ科の葉脈はエネルギーを感じます。
ステム(茎)があるので、ブーケなどに使えるのではないでしょうか。
もちろん短いヘッドの部分だけをアレンジメントなどで使用できることでしょう。
「希望単価がちょっと高いかも」とご指摘うけましたが、私の妄想店頭小売単価は・・・円でした。そこからの逆算でした。今季、単価がどれぐらいでまわるのか、販売面でも試験です。廃盤アイテムにならないことを切に願って。
また、このアイテムがいくらぐらいの代物なのか、いくらだったらぶんまわせるのか教えてほしいです。それによって入り数など変更できる箇所は変更していけますから。
情報の逆流のシステムはどうやったらいいのでしょう。新しいアイテムは「とりあえずやってみる」から始まり、手探りでやってはいます。近いアイテムの評価は参考にはしますが、やっぱり手探りなのです。なのでどんどん情報いただけましたら、アイテムにフィードバックさせます。
情報がほしいです。
なにわともあれ、よろしくお願い申し上げます。
クリザール前処理済です。
バックはLPです。
アップル・レコードです。

IMG_9238.jpeg

 

IMG_9244.jpeg

IMG_9251.jpeg

 

IMG_9249.jpeg

 

2018 / 11 / 15  19:28

ケール ジューシーパープル リーフ ~black label~

例年ミニー農場からケールのドレッシーアフロやゴディラーナを出しています。
追加ケールアイテムとして ジューシーパープルを加えてみました。
blacklabelとミニー農場にてケール ジューシーパープルを試験作付けしています。

先立ってblacklabelからリーフ表記の一枚葉で出荷してみます。
ステム表記の一本切りで出すべきか、悩みながらの収穫しています。

いづれはステム表記で収穫出荷しますが、リーフもとてもいいと思ったところです。

blacklabelは雪が降るので、今年中にステム表記の一本切り予定です。
ミニー農場はblacklabelが人柱となりその動向踏まえて、出荷します。
ミニー農場からの出荷は来春までのいつかいいときに出します。

画像添付いたしましたが、色は肉眼で観てくださったほうがいいと思います。
ドレッシーアフロのように縮れ系ではなく、マットな感じです。
色もグリーン〜ダークパープルの中間系です。
色のトーンとしても、マットでウェットな感じです。
寒さ増してもうちょっと色のると全体が紫系になり、シルバー系も加味してくるはずなのです。

茎の部分もあり、使いやすいのではないかと思います。

クリザール前処理済です。

試作のため量は少ないです。
出荷の際はよろしくお願いします。



※薄っすらと葉面に白いのが見えるはずです。それは液肥や農薬などではなくて、ケールや葉牡丹などのブラシカ特有のブルームです。
無農薬栽培ではなく、農薬は適正に使用しています。
※2 色のマットの使い方を間違っているかもしれません。

 

IMG_9181.jpeg

 

IMG_9179.jpeg

 

IMG_9186.jpeg

 

2018 / 11 / 15  17:23

ゴールドひょうたんとシルバーひょうたん~black label~2018

 今年もブラックレーベルからゴールドひょうたん、シルバーひょうたん出荷します。

千成ひょうたん、しましまひょうたん、百成ひょうたんなどのドライを塗ってます。

1年以上乾かしたドライのひょうたんの皮の部分を磨いたあとに着色しています。
以前数年前ドライのひょうたんで出荷しようとしたのですが、美しい曲線に穴をあけるのが嫌でした。
穴を開けずドライひょうたんを完成させるテクニックがなくて、どうしても黒ずみが出てきました。
それを補うべくブリーチも試しましたが、うまく行かず、色を塗るという、自分の中でのポリシーを曲げかねない行為を行いました。
ひょうたんの曲線美を引き立たせる色であれば、ポリシーを曲げないのではないかと拡大解釈しました。
毎年同じ塗料ではありますが、金と銀の色の自己主張が少ない塗料を選別しました。
極力お花の添え役を想定し、極力お花の色を引き立たせる色を選別してみました。
人工色は一歩間違うと植物の色を潰しかねないと危惧したからです。
持論なのですが、同じ赤でも自然界の赤は黒から引いてった結果の赤。
人工色の赤は白に色を加えた赤。
ですので、同じ赤という色でも全く別物と思っています。
この持論が正しいかどうかはわかりません。
よって自然界にほぼ存在しないゴールドを用いることにおいて、ぐるっと一周回って植物の色に馴染むのではないかと思いました。

いろんな着色材を試してみて、ナチュラルカラーを引き立たせるべく、自己主張の強くない着色剤を選定したつもりです。
結果、いい感じのゴールドひょうたん、シルバーひょうたんが出来上がったとは思っています。


また、ひょうたんは元々末広がりの縁起物。金と銀を塗ったらもっと縁起上昇するのではないかと思いました。
6っつのひょうたんで無病息災のゲン担ぎがあるようで、6の倍数の入数で出荷です。(変更可)

より良い新年を迎えるべくアイテムでもいいと思い、且つクリスマスツリーに吊り下げたりクリスマスリースにつけたりもできる汎用性があるのではないかと思ったところです。

シルバーひょうたんも少し制作しました。

使い方はとても自由です。
予想もつかない使い方を望みます。


年々、注文も増えてきて、嬉しい限りです。

12月中旬までのコンスタント出荷になる予定です。

よろしくお願いします。



IMG_9177.jpg

1