Releasing Now(即今只今)

2018 / 11 / 15  19:28

ケール ジューシーパープル リーフ ~black label~

例年ミニー農場からケールのドレッシーアフロやゴディラーナを出しています。
追加ケールアイテムとして ジューシーパープルを加えてみました。
blacklabelとミニー農場にてケール ジューシーパープルを試験作付けしています。

先立ってblacklabelからリーフ表記の一枚葉で出荷してみます。
ステム表記の一本切りで出すべきか、悩みながらの収穫しています。

いづれはステム表記で収穫出荷しますが、リーフもとてもいいと思ったところです。

blacklabelは雪が降るので、今年中にステム表記の一本切り予定です。
ミニー農場はblacklabelが人柱となりその動向踏まえて、出荷します。
ミニー農場からの出荷は来春までのいつかいいときに出します。

画像添付いたしましたが、色は肉眼で観てくださったほうがいいと思います。
ドレッシーアフロのように縮れ系ではなく、マットな感じです。
色もグリーン〜ダークパープルの中間系です。
色のトーンとしても、マットでウェットな感じです。
寒さ増してもうちょっと色のると全体が紫系になり、シルバー系も加味してくるはずなのです。

茎の部分もあり、使いやすいのではないかと思います。

クリザール前処理済です。

試作のため量は少ないです。
出荷の際はよろしくお願いします。



※薄っすらと葉面に白いのが見えるはずです。それは液肥や農薬などではなくて、ケールや葉牡丹などのブラシカ特有のブルームです。
無農薬栽培ではなく、農薬は適正に使用しています。
※2 色のマットの使い方を間違っているかもしれません。

 

IMG_9181.jpeg

 

IMG_9179.jpeg

 

IMG_9186.jpeg

 

2018 / 11 / 15  17:23

ゴールドひょうたんとシルバーひょうたん~black label~2018

 今年もブラックレーベルからゴールドひょうたん、シルバーひょうたん出荷します。

千成ひょうたん、しましまひょうたん、百成ひょうたんなどのドライを塗ってます。

1年以上乾かしたドライのひょうたんの皮の部分を磨いたあとに着色しています。
以前数年前ドライのひょうたんで出荷しようとしたのですが、美しい曲線に穴をあけるのが嫌でした。
穴を開けずドライひょうたんを完成させるテクニックがなくて、どうしても黒ずみが出てきました。
それを補うべくブリーチも試しましたが、うまく行かず、色を塗るという、自分の中でのポリシーを曲げかねない行為を行いました。
ひょうたんの曲線美を引き立たせる色であれば、ポリシーを曲げないのではないかと拡大解釈しました。
毎年同じ塗料ではありますが、金と銀の色の自己主張が少ない塗料を選別しました。
極力お花の添え役を想定し、極力お花の色を引き立たせる色を選別してみました。
人工色は一歩間違うと植物の色を潰しかねないと危惧したからです。
持論なのですが、同じ赤でも自然界の赤は黒から引いてった結果の赤。
人工色の赤は白に色を加えた赤。
ですので、同じ赤という色でも全く別物と思っています。
この持論が正しいかどうかはわかりません。
よって自然界にほぼ存在しないゴールドを用いることにおいて、ぐるっと一周回って植物の色に馴染むのではないかと思いました。

いろんな着色材を試してみて、ナチュラルカラーを引き立たせるべく、自己主張の強くない着色剤を選定したつもりです。
結果、いい感じのゴールドひょうたん、シルバーひょうたんが出来上がったとは思っています。


また、ひょうたんは元々末広がりの縁起物。金と銀を塗ったらもっと縁起上昇するのではないかと思いました。
6っつのひょうたんで無病息災のゲン担ぎがあるようで、6の倍数の入数で出荷です。(変更可)

より良い新年を迎えるべくアイテムでもいいと思い、且つクリスマスツリーに吊り下げたりクリスマスリースにつけたりもできる汎用性があるのではないかと思ったところです。

シルバーひょうたんも少し制作しました。

使い方はとても自由です。
予想もつかない使い方を望みます。


年々、注文も増えてきて、嬉しい限りです。

12月中旬までのコンスタント出荷になる予定です。

よろしくお願いします。



IMG_9177.jpg

2018 / 10 / 16  15:11

アスター ミッドナイトスター 〜black label~ 

お世話になっております。
今年もアスター ミッドナイトスターを出荷しだしています。
毎年同じ時期に書いていますが、アスターの黒というだけの情報で株を入手しました。
黒いアスター!って思って、まずはどんな花が咲くか楽しみで購入しました。
黒い星型の花弁がつくと思っていました。確かに、星型の花弁は付きますが・・・
よく見るいわゆるアスターとは形状が違う気がします。クジャクアスターに近い感じだと思います。
シオン属(学名 : Aster)なのは間違いなさそうです。魅惑の植物です。
今年は、例年より玉状のもこもこ具合が綺麗な気がします。
畑では、声が出てしましました。『いいのができてる!』
この喜びをいろんな方々と分かち合いたいと畑で興奮しました。
ただ、あくまで、こちら側の審美眼の判断で、買って使ってくださる側の審美眼とマッチしないといけません。エンドユーザーをこの美で花屋さんたちの手で興奮させてはじめて、完成形です。
買ってくださる卸売店、小売店、エンドユーザー様と審美眼を共有できること願います。
圃場の場所などで、ボリュームがあるのも出しました。
画像添付しますが、ウィリアムディボーンのLPのやつです。
レコード自体がレアです。出荷数もレアです。
ベックのは通常品で、比較的シュッとしています。
一本一本が絡み合って、色ノリのボリュームもマチマチで選別しながらの収穫。ですので、収穫はとてもむずかしいです。よって、力量不足で職人でない自分にはとても時間がかかります。
カレーを粉から作るときのようなスパイシーな香りがします。
出荷数量はとても少ないです。
一株から取れる本数がとても少ないからです。
例年同様11月初旬までの短期出荷の予定しています。
クリザール前処理しています。
よろしくお願いします。
IMG_8956.jpeg
IMG_8951.jpeg
IMG_8949.jpeg
IMG_8955.jpeg
ボリュームありの一本
IMG_8957.jpeg
IMG_8958.jpeg
IMG_8959.jpeg

 

2018 / 09 / 25  14:23

白花フジバカマ  ~black label~

blacklabelから白花フジバカマを出荷しています。
連絡がだいぶ遅くなりました。9月はじめから出荷しだしていました。申し訳ございません。
モグラ、ネズミに一番、害されました。ふじばかま同様、生育期の雨不足で背が全体的に短めとハダニに侵された部分もあります。
前年比50%あればいい感じです。
少々遅らせて出荷しようと、ピンチした畝が雨不足で生育止まってちょっと厳しいです。
ですが、花の色はとても良好です。白色がキラキラしています。
ハダニ以外の花の汚れはほとんど確認しておらず、花はいい感じです。
ブライダルでも使われる模様で、使い幅の拡がりに喜びを感じています。
出荷時期は短くなると思いますがご了承ください。
昨年、株を増やしました。
出せる分だけ出します。
クリザールで前処理しています。
おかげで出荷時はピンピンです。
万が一水が下がっていたら、切り戻しして新聞紙でまいて水につけていただくと水が上がると思います。
よろしくお願いします。
IMG_8788 2.jpeg
IMG_8791.jpeg
2018 / 09 / 20  20:45

カボチャ ベレー オブ ゴッホ ~white、red、purple、black label

 

今年も かぼちゃ ベレーオブゴッホ を出荷します。
直径20〜25センチぐらいの中玉品種です。
ベレー帽という品種と似ていますが、ベレ帽ではないです。一年目はベレー帽だと思っていましたが、色ノリが違ってました。
そしてベレーオブゴッホはベレー帽と違い、色に個体差はあります。そして、下部のヘソ突起にも個体ムラがあります。
Bouffierのwhitelabel、redlabel、purplelabel、blacklabelから出します。
といっても、作柄はlabel毎様々です。
生育期に山形は雨振らず、アブラムシ等々でのウィルス被害や様々な要因です。
whitelabelは前年比60% 若干色が薄い気持ちですが、状態良好です。
purplelabelはアブラムにやられて前年比、50%、緑系の個体が多めです。
blacklabelはアブラムシにやられました。猪の食害にやられて前年比10%ぐらいです。ほぼ緑の個体です。オレンジ系の個体は猪にかじられました。猪は匂いとかではなく目視で判断してるんじゃないかと推測できる案件です。
redlabelは前年は二年前は実らずに出荷無しでしたが、今年は二年の研究の末、豊作です。
状態もとても、良好です。
画像はredlabelの画像です。
Bouffier内で様々なlabelで作つけしてるので、どこかでコケてもどこかで出荷が可能となるリスク分散機能が今年は発揮しました。出せて良かった!って自分で自己満足していました。
blacklabelだけだったら、今年のベレーオブゴッホの出荷は1ケースだけでした。
カボチャ ベレーオブゴッホは9月いっぱいで出し切る予定です。
ベレーオブゴッホに『綺麗さ』は求めませんでした。
油絵のタッチのような色ノリで、いかに気持ち悪くつくるかに注力しました。
よろしくお願いします。
大人の話ですと、カボチャ中玉、大玉は運賃コストとの戦いです。入り数増やすと重量オーバーとなります。
希望単価はもしかしたらちょっと高めかもしれません。
でも、当方の既存輸送手段ですと、そんな計算になってしまいます。
毎年継続的に出荷したいためにもその希望単価設定とさせてください。あくまで希望単価です。
また来年も気持ち悪いカボチャ、ベレーオブゴッホを出したいです。出します。
どうぞ、お楽しみください。
よろしくお願いします。

 

 IMG_8831.jpeg

 

IMG_8829.jpeg

 

IMG_8830.jpeg

 

IMG_8831.jpeg

 

IMG_8832.jpeg

 

IMG_8833.jpeg

 

IMG_8834.jpeg

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...