Releasing Now(即今只今)

2017 / 11 / 09  18:20

クルミの実 2017 ~black label~

今年も近所のおばあちゃんが、クルミを拾って皮を腐らせて、乾燥させて持ってきました。
最初は趣味と実益を兼ねていましたが、最近は趣味と実益+やり甲斐のようなものも見出してるんじゃないかと思います。
何個でもいくらでも持って来て下さい。全量買い取りしています。ってお伝えしており、年々増加傾向です。
クルミの木が植わってある畑?山?をそのおばあちゃんのお姉さんから借りて、そこなどから収穫してもらってます。(よくわからない流れ。)
里山からクルミの実を都市部に出荷して、都市部で売買されお金という万能交換券が里山にエクスチェンジされ、おばあちゃんに行き渡る。お金をもらうという喜びがクルミを拾う動機になり、クルミ畑はクルミの実の発芽を抑え、異常繁殖をもたらすことなく、均衡を保ってるのではないかと遠目で観ています。
里山の産業が小さくも成立してることに喜びを感じています。
もちろん、私に販売リスク等が伴うし、継続させるためにも、利益からの手間賃は僅かながらですが頂いています。
今年は今時点で中位の大きさだけです。
クリスマス商材として使われると思い、12月初旬までに出し切る予定です。昨年と同じ位です。
使い方は自由です。クリスマス商材以外でも遊んでください。
クルミの品種は鬼胡桃です。
画像添付します。
画像のバックはLPです。
追伸。
バックのLPは銀杏ボーイズというロック・バンドです。
年甲斐もなく、最近のつぼです。
朝ドラで知ったわけではなく、生家が近くて知っていました。
(生家が近いという理由で良いとは言いません。地元云々お情け頂戴は性にあいません。いい音楽だと思ったからです。)
年甲斐もなく武道館ライブに行って尚、魂を持ってかれました。
彼にはロックンロールは世界を変えて〜〜という節の曲があります。
私はお花も植物の美も世界を変えられると思っています。
ロックンロールもお花も、なくても死ぬことはありません。
ロックンロールもお花も世の中を便利にするわけでもありません。
でも、ロックンロールもお花も人々に感動を与えます。生きる力を与えます。
トテツモないインパクトを与えられます。
そしたら、世の中が変わりそうです。
と、最近こじらせモードが移ってます。
長くなりましたが、クルミの実、よろしくお願いします。
2017 / 10 / 24  14:34

カーボロネロ ゴズィラーナ リーフ

カーボロネロ ゴジィラーナはカーボロネロの一種ですが、種苗会社様の圃場観た時に植えてあって、感激した品種です。葉の表面がゴツゴツしております。
数年前まで出荷していたカーボロネロは葉が細く、使いづらい面もあったと思いますが、ゴジィラーナは広めの葉で使い勝手が良いのではないでしょうか。
芯はそんなに弱くはないので、スポンジにも容易に入ることと思われます。
こちらもまあまあな量を作付けしています。

ちょっとした、チラ見テイストにいかがでしょうか。


三部作とも、クリザール前処理しています。

ロングスパンで宜しくお願いします。

2017 / 10 / 24  14:32

ケール グリーンレッドとグリーン リーフ

ミニー農場からケールとカーボロネロのリーフもの三部作リリースします。
ケールはグリーンレッド(画像あり)とグリーンとの二品種。カーボロネロはゴジィラーナ(画像あり)です。
ケールは気温がもっと寒くなると葉牡丹同様に色素が濃くなりダークレッドが深くなり、グリーン系はグリーンがなお一層深くなるります。また、寒さも増すと葉の表面も縮み、クシュクシュ感が強くなってきます。
10月、11月中旬まではその一歩前です。
色味もまし、クシュクシュ感が深くなったら、昨年同様、ドレッシーアフロ、ドレッシーグリーンの名前に変えて行きます。

作付け量は潤沢です。
来年はじめまでダラダラ出荷可能です。
ちょっとした、チラ見テイストにいかがでしょうか。


三部作とも、クリザール前処理しています。

ロングスパンで宜しくお願いします。
色ノリクシュクシュ感がまし、ドレッシーシリーズになったら再度、画像を送信させて頂きたく思います。

2017 / 10 / 17  19:13

アスター ミッドナイトスター ~black label~ 

ブラックレーベルから今年もアスター ミッドナイトスターを出荷にこぎつけました。
黒い丸いのは実だと思います。光と冷気に当たると黒さが増してきます。
黒さが増すのをずっと待ってました。
昨年より実数も多めで、状態がいいと思います。
とてもスケベな状態で出荷しています。
画像添付します。
この植物はアスターと聞いて苗を入手しましたが、多年草ですし、孔雀アスターかとも思ったのですが、孔雀アスターともちょっと違う気もします。
突然枯れるかもよ!原因は不明と言われて売って頂いたので、毎年ビクビクしていました。今年は枯れませんでした。
お陰様でとても人気です。ただ、一株からあまり本数がとれません。よって栽培を増やしています。多年ものなので、すぐに出荷にこぎつけませんが、少しづつ増やしています。
もっと、増やしたくて増やしたくて
このアスターを植えるべく、切り株のナシ畑を借りました。
抜根して耕耘整地して、さて!植えようかと思ったいなや、隣の家のオッサンが、「花は食べ物じゃないから花にに使う農薬は劇薬。除草剤は地下水を汚す」等々、急にいちゃもんを付けてきました。
話合いをちゃんとして、農薬は登録農薬使ってることや、農薬散布する時は連絡入れる等の約束事決めて、握手したのですが、また同じ事言ってきて、「話ができないオカシイやつ」と思って、地主に返却しました。抜根整地だけして地主に返却しました。
そしたら、そのいちゃもんのオッサンが自分で野菜を栽培していました。ヤミで農地を使って。
要は、最初から隣の農地を借りたかったんでしょうね。
抜根した後を狙ってたんでしょうね。
そんな無駄な事がありました。
アスター栽培より、新たな農地入手の方が困難です。とても困難です。(笑)
クリザールの種類を変えてみました。バリバリです。
エコゼリーは付けていませんが、バリバリでいってるはずです。もし水落ちてたら、新聞紙で巻いて水に付けて置くと戻ると思います。
10月末から11月初旬までの出荷予定ですが、市場卸売り会社様へ完売御礼です。

使いかたは想像できません。
皆様の力でなお一層ドスケベにしてください。
ゾクッとする一品だと思います。
画像添付します。
IMG_74652.jpg
IMG_74662.jpg
IMG_74683.jpg
IMG_74634.jpg
2017 / 09 / 18  18:00

カボチャ ベレー オブ ゴッホ ~black、purple、white label

9月17日の記事

カボチャ ベレー オブ ゴッホを出荷開始します。

ホワイトレーベル、パープルレーベル、ブラックレーベル、レッドレーベル、そしてミニー農場で作付けしました。
レッドレーベルは雨続きで腐れたりして収量がとても低いです。
ミニー農場は育苗時点で失敗しました。
ブラックレーベルは開墾したとこで作付けしましたが、マメ科の雑草に覆われ色が薄くなりました。また、野生動物に食われたりしました。
パープルレーベルは長雨で収量が昨年の半分です。
ホワイトレーベルは今季初作付けですが、良好です。

不作のところがありますが、すべてのレーベルで作付けしてリスク分散して、出荷できました。
(我ながら案外、おしゃれな事やってんじゃないかと自画自賛の感情がちょっとだけ感じました。ちょっとだけです。)

今年から大多数のアイテムの海外のカボチャの種子が輸入困難となっています。
来年からはストック分と種採りして補うつもりです。

種子の入手困難な状況を踏まえ、ちょっと変わったカボチャのニーズが今年からあると思い、強気の作付けですが、なんだかんだで出荷数量は大幅な増量は不可能となりました。

空輸は重量オーバーで集荷してくれないため陸路輸送だけでしょう。
中玉サイズで重量があるため入数が少なく、運送費との戦いです。


改めて、油絵のような表情です。
ゴッホの絵のようなフィーリングです。そこから出荷流通ネームを付けました。(種苗会社様快諾済)

最初はカボチャのベレー帽と思って作付けしていましたが、全然違い、色がゴツゴツでワイルドで、ナチュラルビューティーです。
顔を近づけてみると、いつも歓喜の叫びをあげます。
胸の奥を何かにぎゅーっと掴まれてる、色合いです。

植物美、自然の美をお楽しみいただけたら幸いです。

3っつのレーベルの画像添付します。


パープルレーベル

IMG_7257.JPGIMG_7258.JPGIMG_72593.jpgIMG_72602.jpgIMG_72613.jpgIMG_72622.jpgIMG_72532.jpg

 

white

IMG_72433.JPGIMG_72413.JPG

 

black

IMG_72672.JPG

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...