Releasing Now(即今只今)

2018 / 07 / 16  14:33

ヒマ カルメンシータピンク ~minny label~ 2018

 

香川、ミニー農場より今年もヒマのカルメンシータピンクを出荷開始しました。
作付け量は多かったです。
大雨で多くの株が水ヤケしてしまいました。大雨から生き残ったのから出してきています。復活してきた株もあります。
一気に出す予定でしたが、綺麗なものから少しづつ出していきたいと思います。
途中出荷が途切れると思います。
今の夏場に波が来て秋にも出荷の波がある予定です。


長さはツマミの長さで出しています。
普段使いのブーケとかにいれたらいいんじゃないかと思っています。
使い方は自由です。


毒性植物ですので、食したりはしないでください。目で楽しんでください。



作付け動機は例年と全く同じです。
以下去年の文です。
「数年前にヒマを使った事件が起きて、同じ品種を生産してた産地が自主規制(?)で生産をやめてしまった。(大きなモノを背負ってるから、それは致し方ないと思っています。)
僕達も一瞬生産をストップしようかと思ったが、そんな事件を起こしたヤツが悪いのであって、ヒマは何ら悪くない。生産してるのもなんら悪いことはしていない。購入して愛でてる事はとても素晴らしい事。
その一連の流れをバカな事件のために自主規制してなるものか。
自主規制、自主規制、とノイズが多い世の中。
僕たちは大きな看板は背負い込んでないし、とても身軽だから、自主規制というのはとても縁遠い言葉です。
自主規制しなくても失うものはあまり考えられず、自主規制したら取り返しがきかないぐらい大きなモノを失いそうでした。
「ヒマ、唐胡麻を生産してる」という非難がもし来たら、それはそれでよろしいです。


花の世界は自由だと思っています。なんでもありの世界だと思っています。そんな花の自由な世界を自分で狭くしてなるものか。
そこで、僕達がヒマ カルメンシータピンクの生産出荷をやらなきゃいけないという義務感を勝手に感じちゃったわけです。(他のカルメンシータピンクの産地がやめたから尚更。)

悪いことした事件にヒマの怪しげなエロかっこよさを葬る権利は全くないんです。
その事件は花の美の世界、花の自由への宣戦布告と勝手に感じました。

宣戦布告に対し僕たちはカルメンシータピンクの種を蒔き生産することで応戦を決意しました。
で、悪いことした事件からヒマのエロ可愛さを守りたいと思っています。

来年も作付けします。引き合い弱くてもつくります。


ヒマの種に抽出行程を行わないとそういう事件の凶器にはならないと思います。そんな抽出行程を行うのはよっぽどです。

ヒマは有毒植物で、お口に入れることは避けて頂きたいですが、
通常に花きとして扱う分には大丈夫です。

長くなりましたが、どうぞエロキモカワイイをお楽しみください。
宜しくお願いします。」
 
 
2018 / 07 / 16  13:51

フレイクチョコラータと紅花最上

ミニー農場から出荷しております、花ヒエ フレイクチョコラータですが、一旦休憩入ります。
次の作付け分の出荷は8月上旬を予定しております。
アワ紅孔雀はあります。

よろしくお願いします。

また、出荷しております紅花 最上ですが、気温上昇で一気に開花しました。
7月18日市で終了予定です。
今年はじめて8月の出荷目論んで植え付けてはいますが、今はまだなんとも言えません。

こちらもまたよろしくお願いします。


2018 / 07 / 10  15:59

ミニー農場の大雨の報告

西日本の大雨災害のニュースが流れるたびに胸が痛くなる思いです。
皆様、ご無事でしょうか。さぞ大変なことでしょう。

香川ミニー農場にも岡山や愛媛、広島ほどではありませんが、大雨が振り、栽培品種にも影響が出ている感じなので、報告いたします。

ハウスは無事でした。
セントーレア、仙人草は問題なく通常出荷できます。
露地物のアワ紅孔雀、花ヒエ フレイクチョコラータは水没及び倒伏した箇所が多数みられ、出荷数量が減ります。花穂は綺麗でも茎曲り系が出て、それは短くして出します。
次の作付け分も水没しましたが、復活してそうです。

出荷しだして、これからという感じだった、ドリコス ラブラブ ルビームーンとサマンサクローですが、実と花芽が飛んでしまい、今時期の出荷は見送ります。次の花芽形成まで待ちます。株は水没しましたが、株自体は問題ない感じです。

頭が痛いのは、ヒマのカルメンシータピンクとバジル全種です。
もう、収穫時期でした。
こちらも水没して、その後の高温でどんどん萎びて行く感じです。根っこが水にやられてしまってる感じです。全体が水落ちしてる感じです。
気候に慣れれて株の復活を願います。
ヒマのカルメンシータピンクの実自体は綺麗で切れるタイミングなので、殺菌剤を散布後切って出荷します。葉っぱは落とす感じです。ダラダラ切りを予定していましたが、今季だけは集中してだそうかと思っています。


以上、報告となります。
出せるものは出して行きたいと思います。
モグラネズミ等でやられていますが、他地域のブラックレーベル、パープル、レッドレーベルからも補うつもりで出していきたいと思います。
出荷数量がガクッと落ちるとは思いますが、ご理解のほどよろしくお願いします。
2018 / 07 / 06  19:28

紅花“最上”~purple label~“

パープルレーベルから紅花 最上を出荷開始しました。

作付け量は昨年並で少量の作付けです。
急に高温になったので、出荷期間は短めかと思います。
一応2回に分けて種まきしていますので、若干期間は延びるとは思います。

ハモグリバエなどの病害虫も見当たらず、状態のいい感じです。
輸送中に咲くことを踏まえ昨年よりは固めで切っています。
ボリューミーに仕立てています。(添付画像参照)

紅花最上は山形地域の独自品種です。トゲあり品種で、口紅の原料として栽培もされていました。
種子の供給も緩いですが登録制で他の地域に流れないようになっています。(とても緩いので、流れてもいると思います。)
ジブリ作品の「おもひでぽろぽろ」のなかでタエ子が摘んでた紅花の品種です。

資料が見当たらなく、かすかな曖昧な記憶と私の妄想の世界ですが、紅花最上は口紅の原料とされ花魁がつかったりしました。高級品であるため、栽培収穫している娘さんたちは、手は痛めることはあっても自分たちの唇に塗ることは出来なかったというウル覚えの記憶があります。
紅花最上はちょっとブルース的な感情を勝手にいだきます。


クリザール前処理済です。
短期勝負ですが、よろしくお願いします。
リレー出荷目論んで、ブラックレーベルでも少量ですが、遅れて蒔いています。

 

IMG_8488.jpg

 

IMG_8487.jpg

2018 / 07 / 03  14:41

ユーパトリウム“フローレプレノ”〜black label~

ブラックレーベルよりユーパトリウムのフローレプレノを出し始めました。
淡い桃色のお花と涼し気な葉です。葉はクールなメントール系の香りがするのは私だけでしょうか。

ブラックレーベルの圃場で6月は雨がほとんど振らずに生育が止まってしまって例年より二週間遅れの出荷です。
そして、圃場のフローレプレノは少し短い気もします。普段は80センチ規格ですが、70センチ規格もだすかもしれません。


また、春の雪解け後にモグラとネズミに株をやられて出荷見込み数量は30パーダウン見込みです。
期間は例年並みの7月末位までもって行きたいですが、毎回の数量は減ると思います。ご了承ください。
今年はモグラ、ネズミがとても多いです。そして、何年ものの株を一瞬で枯死させていくさまをみてると震えがとまりませんでした。
モグラ対策の農政の指南書がなく、10円ガムで対策しています。
なにはともあれ、出せるものは出していきます。ベストパフォーマンスはしたいです。

水を沢山吸う植物のようです。
花瓶に沢山の水をお願いします。

クリザール前処理で水を最大限に含ませて行きます。
よろしくお願い申し上げます。

 

IMG_8468 2.jpg

 

IMG_8469 2.jpg

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...